HOME  >   サービス  >   ローカリゼーションサービス  >   ソフトウェアローカリゼーションとは

サービス Service

ローカリゼーションサービス

ソフトウェアローカリゼーションとは

多言語ビジネスに必須!需要の高まるローカライザー

ソフトウェアローカリゼーションをひと言でいうと、ソフトウェアを各国向けの仕様にすること、つまり翻訳です。ただし、これは簡単にできるものではありません。
たとえば、英語のソフトウェアを日本語で使えるようにするには、ハードウェアの技術文書やマニュアルなどの翻訳に加え、日本の風習や文化に合わせてプログラムを変更するプログラムのローカリゼーション、UIやオンラインヘルプなどのローカリゼーションなど、翻訳のセンスと共にコンピュータなど、エンジニア的な知識のある専門家のチーム力が必要です。
こうしたエンジニアリングプロセスやデザインプロセスなどのノウハウをもった翻訳会社はローカライザーと呼ばれ、現在その必要性がますます高まっています。
Accentでは、世界規模でビジネス展開をするお客様のためのローカライザーとして、品質・スピード・管理面・経済面において、最適なご提案を行っております。