HOME  >  サービス  >  専門分野サービス  >  ソフトウェアWeb ローカライズサービス

サービス Service

専門分野サービス

ソフトウェアWeb ローカライズサービス

ローカライズとは?

ソフトウェア、Webサイト、マニュアルなどを「現地化」する作業のことをいいます。ローカライズには翻訳だけでなく、技術的な仕様の変更、対象国用の情報の調整といった専門的な知識が必須となります。ie翻訳では世界規模でビジネス展開をするお客様のローカライザーとして、最適なご提案をいたします。


ソフトウェアのローカライズ

海外のソフトウェアを日本国内で使用するために、または日本のソフトウェアを海外で使用するために、ソフトウェアを日本語化、または英語化(その他ソフトウェアを使用する国の言語)します。メニュー名、ボタン名、テキストボックスのラベルテキスト、エラーメッセージ、ステータスバーメッセージなど、ソフトウェアの画面周りのユーザインターフェース(UI)、オンラインヘルプ(WinHelp形式、HTMLHelp形式、ブラウザベース形式など)やPDFマニュアルを翻訳します。シングルバイト/ダブルバイト言語、文字コード(UNICODE や JIS、EUC、UTF 等)等に注意しながら、リソースファイルを翻訳し、技術的対応まで行います。

Webサイトのローカライズ

近年企業のWEBサイトは重要な戦略の一つとなっています。海外向けWEBサイトの制作は、単なる翻訳作業ではなく、企業メッセージや商品特長を理解した上で、対象となる国の文化や風習も考慮に入れた制作が必要です。ie翻訳ではネイティブユーザーにとって自然かつ効果的な表現で翻訳いたします。グラフィック(画像)処理、CGI、各種スクリプトなど様々なプログラムにも対応いたします。ファイル形式はPDF、 html、xml、rtf、swfその他各種形式での対応が可能です。

ソフトウェアWeb ローカライズのレイアウトは
  • 資料参照や用語指定のご要望を承ります
  • 継続案件の統一性を確保します
  • 訳出文体をご指定いただけます
  • 納期についてご相談いただけます
  • 原則として訳出言語のネイティブが翻訳、バイリンガルがチェック、案件にあわせて最適なプロセスデザインを致します
ソフトウェアWeb ローカライズサービス 翻訳料金表